Look 675を買った時の事。(2年以上前の話)
信頼のおけるショップで購入。
丁寧に組んでもらった。感謝感謝!

けれど初ライドの時、激しいダンシングをすると足下でペキペキ音が鳴ります。
ハンドルを持ってバイクを左右に倒し込みながらダンシングすると確実になります。
これは参ったな・・・走りに集中できない。

たぶんBBだろう。

Look 675のBB規格はプレスフィット86.5という規格になっているため、シマノ・カンパニョーロなどと形状が異なるので、BBをそれ専用の物に変換します。その変換したBBユニットの異音ってのはネットでも多々報告されていたので迷わずBBを疑いました。

早速ショップに持ち込んで事情を説明。
店員さんも異音を把握。
直ぐさま原因を探ってもらいます。
BB付近からということでなにやらBBを接着剤で固定してもらいました。(全くのお任せなので詳しく理解できていません。。。)
これで解決か!?


早速次の週、練習に距離70kmほど乗りました。
問題の激しいダンシング・・・・・
ペキ! ペキ!

げ!!
音が鳴る!!
ショボ〜〜〜ン!!



再びバイクをショップに持ち込みます。(ストレスMAX!)
異音が発生するのは決まって激しいダンシングの時。
ショップ店員さんがダンシングしても全然鳴らない。
どんだけ激しいダンシングしてんだ?ってちょっと疑われる(^^;

リヤホイールを交換してもダメ、BBは問題ないらしい、ハンドル・ステムも違う。
「う〜〜む・・」
店員さんが異音の原因を見つけるのにかなり苦労していました。
そこにベテランの店長が現れ、一言。
「たぶんフロントホイール。」

「え?」
まさか・・・?
このホイールはまだ新しく、別のバイクで使っていても全く問題ない。

すると店長が別のフロントホイールを持ってきて、「これ試してみ」
シマノの重たいホイールです。
私のはマビックの高級ホイールだぞ( ̄□ ̄;)そんな重たいのと交換なんて…

半信半疑で「おりゃ〜〜!!」とダンシング。

ジャッ!ジャッ!
タイヤと路面の接地音だけだ。
異音が全く無い!
これでもか!ってぐらい何度もダンシングを試す。
強引にバイクを激しく揺らしても音がしない。

店長!
恐れ入りました〜〜<(_ _)>

結果、フロントホイールでした。
フロントホイールの玉当たりを軽く調整して、クイックのレバーをおもいきり締めます。
いつも自分がしているよりかなりキツク締める必要がありました。
力加減の説明は難しいのですが、レバーの開閉が力一杯でできるかできないか・・・ ってぐらいです。壊れそう(^^;


BBと決めつけていた自分が恥ずかしかったです(><;)

今回、異音の解決をすることの難しさを再認識しました。





by stb-blog | 2017-04-28 11:18 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ミシュラン プロ4

前後ともミシュラン プロ4にしました。

ホイールメンテでラチェット音が静かになりました。
by stb-blog | 2012-06-25 18:04 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

天気良し

c0176622_12115880.jpg




週末は雨だと思っていたら天気良いっぽ。

先週まで乗っていた自転車はパーツをバラしているから乗れる状態じゃない。
新しい自転車のダモクレス・カチューシャ君はまだ未完成・・・
ならば通勤号GIOS・カンターレ君で走るか(*^^ゞ

そのGIOS・カンターレですが、パーツのグレードがアップしたお陰でかなり走れる自転車になりました。
あまり通勤以外には乗りたくない感じの自転車でしたが、今では遠出したい!もっと走りたい!って気持ちを抑えるのに苦労するほどです(笑)
週末はせっかくなのでそれで走ろうかな♪


でも考えが変わって、さっさとダモクレスを走れる状態にしよう!



ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ



・・・・必死扱いて組み立てました。
結構苦労しましたね(^^;
土曜はほぼ一日中組み立て作業でした。
もう触るのイヤって感じです・・

土曜の夜中にワイヤー類を張って、ディレイラー調整です。
楽勝と思ったんですが、やっぱり苦戦・・・
疲れまくってバタンと倒れる。

日曜の昼から初ライド。
シェイクダウン!っていうやつ。←言ってみたかった。
バーテープを巻いてゴー!!


とりあえずいつもの河川敷に向かいます。
ぐっさ強風やん(´д`)
もう帰りたい。

いつもテストのときは強風に悩まされる・・
風のせいで本来の性能がかき消される。

まずは追い風なのでテキトーに走ります。

シフト操作がカンパと違うので親指を何度も空振りさせます(笑)
シフトダウンと思ったらアップになったりとメチャクチャです(^^;

STIのシフトレバーが重たい。
とくにフロントが。
もうちょい調整が必要です。
でも驚くほどスパッと素早くアウターに切り替えることができる。

それにしても6700のSTIのグリップがイヤすぎ(><)
カンパのあの握りやすさがイイ!!
まじまたシマニョーロにしようか悩みます。
これは一刻も早くSTIに慣れてくれることを祈ります。
せめてカバーの素材だけでも替えようかと考え中。
でも下ハンでのブレーキングはレバーの形状が素晴らしく抜群に操作しやすいですね♪

【追記:11.11.2】
STIに慣れました。
今ではカンパよりSTIの方が断然イイで〜す♪




さてさて、フレームの感想を。

乗った感じ、前のと変わりません。
感動なっしんぐ。

前のフレームもイタリアのレーシングチームに供給されていたものですので柔なものではありません。

でも乗っているうちに感じてきました。
振動吸収性が高い。

いつもは凸凹の路面でガガガガッガガガガッガガッガ・・・って言っていた道でも、ダモクレスだとドドドドドドドドドドドドド…になります。
わかります?

わかるわけないですよね(^^;
跳ねないってことを表現しようとしたんですけどね。
なんかサス効いてますって感じ。


あとペダルを踏んだ力が推進力と変わるってやつは、少しあるような気がします。
向かい風で頑張りましたがスッスッと時折楽になります。
でも脚にきます。

そして直進安定も良いと思います。
下手くそなペダリングが助けられます。

【追記:11.11.2】
低速ではハンドルがふらつきます。
淀川のバイク止めを通過するのに苦労します。



強風でテンション低いし、調整が必要な箇所がチラホラ出てきているので一時間程度のテストになりましたが帰宅してまた作業したいと思います。




あ、そうそう、ポジショニングは信じられないほどバッチリでした。
一応参考程度に載せておきます。



■フレーム
リドレー ダモクレス ISP 2009 チーム カチューシャ カラー

フレームサイズ S
自分の身長180cm
股下84cm(機械計測) ※自分で測ると83cm

設定はこんな感じ
 c0176622_12292513.gif

ISPカットはBBから660mmの位置でカット。


サドルはプロロゴ・チョイスを使用。
薄いサドルなのでスペーサーを10mmの物を使用しています。

スペーサーはこれだけあるので結構調整できます。
c0176622_12372750.jpg





さてさて。
来週はもっと走れるかな〜?

c0176622_12165322.jpg

by stb-blog | 2011-06-27 13:26 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

週末は雨?

週末は雨っぽなので、そろそろ今の自転車をバラしてリドレー・ダモクレスを組み立てます。
流用するパーツはハンドル、ステムぐらいです。
本当は置いておきたいんですが、そうなったらロードバイク3台になってしまうので減らします(^^;

c0176622_19472112.jpg
おニューです。ならべるとカッコイイですね(笑)


c0176622_19472121.jpg
新色のグロッシーグレーです。これが出なければもしかして105(黒)になっていたかも。

さて、今の自転車のパーツは、通勤号ジオス・カンターレに付きます。
ほとんどデフォの状態なのでメインコンポはティアグラ。ブレーキはテクトロでした。
移植できたら今度紹介します。
通勤だけでなく荷物を多く運ぶ撮影や釣りなどに活躍してもらう予定です。

リドレー ダモクレス カチューシャカラー。
カチューシャって検索したらAKBが出てきます。それで検索でここへ来た人ごめんなさい。
さて、のんびりしてますが、昨日はBBの取り外しと取り付けをしました(笑)
あまり触らない部分なので回す方向を忘れます。
一応メモしますと、右が逆ネジ、左が正ネジです。

んで、ややこしいのがペダル。
これはBBと逆です。
右が正ネジ、左が逆ネジです。
ペダルの方がよく外すので覚えていて、BBを外すのに苦労しました。

3台の自転車をなるべく同時にいじらないといけないのでかなり疲れます。

さて、今夜はどこをさわろうか。
by stb-blog | 2011-06-22 20:03 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

走りました

土曜は、嫁が旅行なんぞに行っているんでのんびりと自転車のメンテナンスをしました。
まずは本体の汚れを取りピカピカにしてやりました。
チェーンやスプロケを洗浄。

バーテープも新しく。

ハンドルを10mm低くしました。

c0176622_12243397.jpg
ついでにホイールのハブ内部をグリスアップ♪
2010年3月以降ノーメンテなので結構汚れが溜まっていましたね。



メンテだけで4時間ぐらい・・・
狭い空間でチビチビと作業をしているんで身体中が痛い・・(><;)




そして日曜に走りました。
嵐山に行こうと準備をしたんですが強風なので帰りの向かい風のことを考えて急遽プチヒルクラへ(^^;

それにしても荷物が重い・・
追い風だったので飲物はほとんどそのまま。(約1L)
カメラ2つ。(両方大きめ)
ゼリー状の飲物3つ。羊羹、カロリーメイト、バー1本、etc
ハンドルも下げたことあって腰がちょっと痛くなります。


リュックですが、これが結構お気に入り♪
deuter (ドイター) バックパック レース EXP エアー
c0176622_122916.jpg

背負っていても背中に空間ができるんで蒸れません。これは春から使い始めているんですが、最近は気温が高くてずいぶん暑くなりましたけど背負っているのも忘れるぐらい快適です。
この調子じゃ真夏も快適なんでしょうけど、やっぱり毎回使っていると汚れ出てくるんで、酷暑時は遠出以外の練習とかでは使わないでおこうと思います。欠点は荷物の収納量がやや少なめなのとリュック自体が重たいってことでしょうか。でも小旅行するわけでもないし、重さも背負えば気にならないレベル。背中蒸れるより全然マシっす。




c0176622_12211772.jpg
ピカピカは気持ちいいい
メンテのご褒美にカーボンホイールを履きました。この強風の中、ハッキリ言って良いことありませんでした・・ パンク交換用のタイヤも持たないといけないし・・
けど走るモチベーションが高まります♪

c0176622_13334693.jpg
このあと悲劇が!
矢印の方向に風に煽られて看板の柱部分にトップチューブがゴリゴリ〜って流され削られ傷がつきました(T T)

c0176622_1218286.jpg
バーテープはフィジークのやつです。ツートンカラー?の物は意外とコーディネートが難しいと思うのですが着けてみるとなかなかです。気に入りました。クッション性もグリップ性も高まって言うことなしです。


気を取り直して頂上までエッホエッホ・・・
ゴルフ場手前でエンストしかけましたがなんとか上りきりました。

さて下りですが慣れないカーボンホイールなのでブレーキングに気を遣います。
今回はリアだけなんで楽っていば楽ですが、やっぱカーボンリムはブレーキコントロールが難しいです。使っているブレーキシューは「スイスストップ FLASH PRO」(たぶん)を使っています。まあまあ評判いいです。
ブレーキの効きは問題ないんですが、効き過ぎ注意ってのと、一定の制動力を得られずに、なんて言うか・・
シュー ○ シュー ○ シューって感じに○の部分に効きが弱くなる瞬間があるんですよね。なんでちょっと効きが弱いかな?って感じてブレーキレバーに少し力を入れるとクワ!!って効き過ぎてしまって焦る・・感じです。わかりますかね?(*^^ゞ

ディープリムのエアロ効果はフロント側の方が高いと思うのでフロントも履かせたいんですが、そうなったら横風がコワイのと下りのブレーキが安定しないってことで今回はリアだけにしましたが、それが正解でしたね。横風はホントコワイです。風に煽られて河川敷の土手から落ちそうになりますよ。

淀川に戻って、本当ならホイールの効果を試そうと考えていたんですが、お約束の超向かい風。脚も半分以上終わってます( ̄¬ ̄)
下ハン持ちっぱなしで腰いたいし漕いでも漕いでも進まないし・・このときばかりは自転車やめようと思いましたよ(笑)

でも休むことなくゴールしました。
超強風だけど25km/h前後で走れたってことは少しはエアロ効果あったのかしら?(進まない時は20km/h以下)

やっぱ今回は意味ないような気がするので来週も引き続きこのホイールで行きたいと思います。
そして風が無さそうならフロントにも履かせたいと思います♪
by stb-blog | 2011-05-16 12:45 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ハブ グリスアップ

イベントから帰って自転車の汚れを落としながらALX320DXの後輪ホイールを回すと何かギッギッギと引っ掛かる音がしています。回転抵抗になっている感じはありませんが音が気になります。よく聞くとハブから音が出ている気がします。気になってしまったらもう収まりません・・

後輪なのでスプロケを外すのが少し面倒です。
でもチャチャっと済ませれば5分もかかりません。面倒なだけす・・

ハブの分解方法は良く解りませんでした。
難しそうなのでベアリングやシャフトは一切触れずにフリーだけ外しました。これは簡単です。
本当はベアリングを抜いて洗浄してオイルを差したいところですが工具がないのでやめときます。(技術もないし)
c0176622_1130256.jpg
c0176622_11301047.jpg
あまり汚れていません。
ただ、オイルっぽい(水っぽい)ものが表面に浮いています。
とくに写真のラチェットの金属部を見ると乳白色の水っぽいのが浮いています。
これもよく解りません。
深く考えずにとにかく拭き取りキレイにしてやります。

c0176622_11301750.jpg
ラチェットを分解。
シンプルな構造だな・・

c0176622_11302470.jpg
キレイにしたあとはお気に入りのアッセンブリールブリカントを塗ります。

c0176622_11311296.jpg
c0176622_11315685.jpg

写真に綿棒が写ってますが使わない方がイイですね。
綿がバラけてグリスに混じってパーツに付く恐れがあります。
指で塗りました。

フリーを元に戻すときにゴムパッキンの向きを間違って何度も組み直し(スプロケ付けて外して)をしました。ゴムパッキンの表裏の向きだけで回転が悪くなり違和感がでました。正しくすれば元通り、いやそれ以上に回るホイールになりました。

問題となっていたギッギッギという異音は全くしなくなり解決です♪
グリスアップでき、異音がなくなり、気分良くメンテができました。
by stb-blog | 2010-03-17 11:34 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

c0176622_1448529.jpg
20g これだけで3000円以上します・・
--
マイクロロン樹脂(フッソ樹脂加工物)を配合した機械組み立て用の潤滑剤。エンジン組立て用に開発し、各パーツの摺動部分に指やゴムべら等で、薄く塗り込み組み上げます。
--

昨年の秋にアッセンブリールブリカントというグリス?を買いました。買ったままで使っていませんでした。

どっかで読みましたが、ウソかホントかわからないけどヘタなパーツを買うより良いとか・・(^^;
でもこのグリス非常に高価です。

んでこれがカーボンホイールのフリー部分です。ラチェットが見えますね。
今現在の状態
c0176622_14494779.jpg
前回「これでもか!?」というぐらいにレスポグリースをたっぷり塗りました。それはラチェット音を消すのが目的だったのでそれで良かったのですが、もしかしたら多量のグリスが回転性能を低下させてはいないだろうか? 
とくに先日買ったホイールALX320DXと比べると劣る気がしてしかたありません。(スタンドで立てて回して比べます)
気になったらもうどうしようもありません。確認あるのみです。

まずタップリ塗ったグリスを洗浄してアッセンブリールブリカントを塗ります。
もう音なんて爆音でも気にしないから適量(前回に比べてかなり少なめ)を塗って終了です。ついでに外せる範囲のシールドベアリングにも塗ります。(当然シャフトにも塗る)

たっぷり塗っているわけではないのでラチェット音はまた元の通りに大きくなったか? と恐る恐るホイールを回して確認するとなんともまあ!超静かになりました。ALX320DXより少し大きい程度です。こっちの方が好きかも(*^^ゞ
肝心の回転ですがこれまたスンゲ〜良くなった!!
グルングルン回ります。
感動しました。
これだからメンテはやめられない(´∀`)

しかし・・・いままで気づかなかったことが出てきました。
あまりにも回るので、チューブラータイヤのセンター出しができていないため、途中でフレが発生してスタンドで立っている自転車が小刻みに揺れ出します。

今度タイヤ交換するから次はしっかりとセンター出ししよ・・ (ー"ー;)

それにしても、グリス一つでこんなにも違いが出るものなんですね。
買ってよかった〜(TT)
by stb-blog | 2010-02-25 14:58 | 自転車 | Trackback | Comments(0)


c0176622_18462523.jpg


超低フリクションと耐摩耗性を実現した、 究極のチェーン潤滑オイルスプレー。

極低温から高温まで粘度変化が少ない完全飽和炭化水素(製法特許)をベースオイルに採用。
金属表面への親和性に優れ石油系潤滑油よりも浸透性に優れます。
耐荷重、耐磨耗性に優れた真球状超微粒子チタンRESPO Titanの働きにより、チェーン・スプロケットの耐久性を飛躍的に向上させました。

■チェーン・スプロケットの潤滑・防錆に
■耐荷重、耐磨耗性に優れた真球状超微粒子チタン
■RESPO TITAN配合

これなかなか良いですよ。
何が良いかといいますと、チェーンが黒くなりにくくなりました。
今までは一般的なちょっとだけ高級なチェーンオイルを使っていました。オイルを注す前はいつもチェーンをキレイに洗ってからです。
でもせっかくキレイにしても通勤に2〜3回乗っただけでチェーンはすぐに黒くなってしまいます。(洗いが弱かったからかもしれませんが)

同じように洗った後に、RESPOのチェーンスプレーに替えてからは3ヶ月ぐらいになりますが、小さなゴミや塵は付いているものの以前と比べると格段に黒くなりません。当然チェーンを触ると黒く油が付きますが(^^;

使用方法は、チェーンを洗った後、チェーンスプレーを使用してしっかり余分を拭き取るだけ。こんなに拭いて良いの?と思えるぐらい拭き取ります。オイルはちゃんと浸透してコーティングしているので大丈夫。しかも耐久性があるので効果も長持ちします。

チェーンオイルを買い替える時に悩んだらコレを試してみるのもいいかもです。
by stb-blog | 2010-01-29 18:47 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

c0176622_20352967.jpg


タイヤに色を塗ってますヾ(´▽`;)ゝ

これするだけで、めちゃくちゃ格好良くなります。

クリンチャーには必要ないです。

高級タイヤにも必要ないです。

リーズナブルなストラーダ(ビットリア)だけで〜す♪

1本でプラカラー(150円)半分ぐらい使っちゃいますが・・・
地味で少々面倒な作業です。
しかも重量増やすことになるし (ー"ー;)

あ〜あ、なにやってんだか。
by stb-blog | 2009-10-27 20:36 | 自転車 | Trackback | Comments(0)


あーあ。
とうとうやっちゃいました。
朝の通勤でパンクです。

3〜4年通勤に乗ってますが、朝のパンクは初めてです。
前のは会社終わって帰りで、自宅の前の石ころに引っ掛かってチューブを痛めてしまいスローパンクでした。(次の日乗るときに気付いた)

今回は会社から歩いて20分ぐらいの距離です。
自転車を押して会社に行きました。

ロードバイクは片手で押せます。ステムに指先だけでも乗せていれば安定するので、平地であれば自転車の重さはあまり感じません。

さて、会社でパンク修理をするのですが(ちょっと嬉しい)、ホイールを外してパンクの穴を探します。

パンクしたときに、チッチッチッチというタイヤに何か着いた(刺さった)な。と感じていたので、その刺さった物を探します。

コレです。

c0176622_10444072.jpg


金属か何かでしょうか?

タイヤをリムから外します。
(VITTORIAと違ってMAXXIS・ゼファーはビートが超固いので脱着に苦労します。)


チューブを取り出してタイヤに刺さっている異物を確認します。

ん?????



c0176622_1045171.jpg


なんじゃコリャ!?




c0176622_10452436.jpg

爪楊枝です。
ツマヨウジ。


こんなの刺さるか〜〜〜!


もしかしたらチューブを貫通していたり・・・

調べましたが貫通はしていませんでした。(' ' ;)ホッ

それにしてもパンクはネタになるわ(笑)


気を取り直してパンク修理開始♪
紙ヤスリでチューブの表面を軽くザラザラにします。
キレイに拭いて。
接着剤を・・・・・・・・

ん?

ガ〜〜ン!

劣化しているよ(><;)

全然接着力がナイ!

試しに塗って、パッチも貼ったけど、
接着力が弱すぎ!


ダメだこりゃ。


今からタイヤチューブと修理道具を買いに行きますわ。
by stb-blog | 2009-10-23 10:46 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク・写真・釣りの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30