タグ:自転車パーツ ( 41 ) タグの人気記事

しばらくダモで

c0176622_17261449.jpg

ちょっと思うことあって、しばらくは自転車をリドレー・ダモクレスに変更することになりました。


白いフレームの自転車は美しい。(全てが白ではありませんが。。)

でもほんと汚れが目立つ(x_x)

ウエスで汚れを拭き取っていても、その拭き取った油が別の箇所に付いてしまったり・・・・

気をつかう(`ω´)



ダモクレス。

やっぱ持った感じ、LOOK 675より軽い!

そして、何度も書いてますが、

振動吸収性が素晴らしい!

普段の舗装面を走っていて、少しのガタガタ道があって、

いつも通り上半身を身構えて通過するんだけど、

ガガガガガってこない。←わかりにくい表現

んじゃ、それはフレームがふにゃふにゃってことでは?

は?

何言ってんの?

'09イタリア選手権チャンピオンのフィリッポ・ポッツァートがツールで愛用したフレームだよ!?←こればっか言う(`ω´)

そんなハンパなフレームじゃない!!

はず。

たぶん。


c0176622_17261378.jpg
ホイールは移植したFULCRUM RACING ZERO NITE
面倒なのは専用のブレーキシューを使うのでそれも交換しないといけない。




c0176622_17261314.jpg
ハンドルは通勤号から移植。

44cm幅のハンドル。

ITMは好きなパーツブランドです。

LOOK 675はマットブラックでロゴなども含め全てがステルス的な感じで超大人しめなんですが、

このバイクはグラフィックが派手(`ω´)

極端にイメージを変更して気分一新です。



by stb-blog | 2018-11-16 13:02 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

Look 675を買った時の事。(2年以上前の話)
信頼のおけるショップで購入。
丁寧に組んでもらった。感謝感謝!

けれど初ライドの時、激しいダンシングをすると足下でペキペキ音が鳴ります。
ハンドルを持ってバイクを左右に倒し込みながらダンシングすると確実になります。
これは参ったな・・・走りに集中できない。

たぶんBBだろう。

Look 675のBB規格はプレスフィット86.5という規格になっているため、シマノ・カンパニョーロなどと形状が異なるので、BBをそれ専用の物に変換します。その変換したBBユニットの異音ってのはネットでも多々報告されていたので迷わずBBを疑いました。

早速ショップに持ち込んで事情を説明。
店員さんも異音を把握。
直ぐさま原因を探ってもらいます。
BB付近からということでなにやらBBを接着剤で固定してもらいました。(全くのお任せなので詳しく理解できていません。。。)
これで解決か!?


早速次の週、練習に距離70kmほど乗りました。
問題の激しいダンシング・・・・・
ペキ! ペキ!

げ!!
音が鳴る!!
ショボ〜〜〜ン!!



再びバイクをショップに持ち込みます。(ストレスMAX!)
異音が発生するのは決まって激しいダンシングの時。
ショップ店員さんがダンシングしても全然鳴らない。
どんだけ激しいダンシングしてんだ?ってちょっと疑われる(^^;

リヤホイールを交換してもダメ、BBは問題ないらしい、ハンドル・ステムも違う。
「う〜〜む・・」
店員さんが異音の原因を見つけるのにかなり苦労していました。
そこにベテランの店長が現れ、一言。
「たぶんフロントホイール。」

「え?」
まさか・・・?
このホイールはまだ新しく、別のバイクで使っていても全く問題ない。

すると店長が別のフロントホイールを持ってきて、「これ試してみ」
シマノの重たいホイールです。
私のはマビックの高級ホイールだぞ( ̄□ ̄;)そんな重たいのと交換なんて…

半信半疑で「おりゃ〜〜!!」とダンシング。

ジャッ!ジャッ!
タイヤと路面の接地音だけだ。
異音が全く無い!
これでもか!ってぐらい何度もダンシングを試す。
強引にバイクを激しく揺らしても音がしない。

店長!
恐れ入りました〜〜<(_ _)>

結果、フロントホイールでした。
フロントホイールの玉当たりを軽く調整して、クイックのレバーをおもいきり締めます。
いつも自分がしているよりかなりキツク締める必要がありました。
力加減の説明は難しいのですが、レバーの開閉が力一杯でできるかできないか・・・ ってぐらいです。壊れそう(^^;


BBと決めつけていた自分が恥ずかしかったです(><;)

今回、異音の解決をすることの難しさを再認識しました。





by stb-blog | 2017-04-28 11:18 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

チェーン交換


アルテグラのチェーン(CN-6800 11)が油で真っ黒になってきたので交換することにしました。
性能が悪くなったのではなくて単なる見た目の問題。
精神的に良くない。
洗えば済むことだけど、経験上それもじきに真っ黒になる。
昔はまず新品の油を落としてから高性能オイルを注して使っていましたが、ほんとすぐに真っ黒になるのでやめました。今は買ったそのままの状態で使います。全然汚れませんよ(*^^ゞ

んで、交換ついでにガイドプーリーをデュラエースに変更しました。

c0176622_14562349.jpg

ベアリングが付いているのでさぞかし回転が良いのでしょう。アルテはちょっと音がするのかな?と思っての変更です。

全て交換後、ペダルを手で回します。

ん?

なんか重いぞ!?
軽々とクルクル回ると思っていたのに結構な抵抗がある。
とくに25t〜28t付近はわずかにゴリゴリ感がある。
チェーンが張りすぎ?
でも長さは問題ない。
この状態で激坂に挑めるか??ちょっと心配。
ていうかせっかく新品に交換したのに損した気分。

でも、気のせいか・・・?

同じコンポで組んでいる(電動ではない)ダモクレスのペダルを回してみる。
ぐは!! 軽い!!
インナー・ローの状態で回すとほんと軽い軽い。

う〜ん・・・
どうする?
プーリーをもとに戻すのが一番手っ取り早そう。
でもせっかく買ったデュラエースが(><;)
しかももし直らなかったらどうする?
チェーンのコネクティングピンも1個300円ぐらいするから付け替えばかりしていてはバカにならない。

c0176622_14562363.jpg


その日は、作業止めて頭を冷やします。

数日後に自宅にデュラエースのチェーン(CN-HG901-11)が届いていました。
ちなみにコネクティングピンが2個も附属していた。素晴らしい〜

んで、問題なくチェーン交換完了。

南無三!!

ペダルを回すとハウ!!!

あのゴリゴリの抵抗が無い!!(T T)感動!


c0176622_14472442.jpg
c0176622_14511075.jpg


早速週末に走りました。

これまたデュラエースのガイドプーリーが効いているのか、単なる新品のチェーンのお陰か超気持ちいい走りができました。

とくに高速でアウターにチェンジしたときのヌルっとした感覚がたまらない。そして非力ながらしっかりと力を逃がさず推進力に変えている感が頼もしかったです。

個人的にはホイールを交換するよりこんな小物を交換した時の方が変化を感じ取りやすいです(*^^ゞ

ちょっとモチベーションアップです♪





by stb-blog | 2017-02-27 15:06 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

短くしました

c0176622_11423942.jpg



もうお気づきかと思いますが、そう。

短くしました!

アレを!

LOOK A-STEMでーす♪
デフォの110cm→100cmに変更です。

感想は、やっぱり短くして良かった!
腕のリーチに少し余裕ができ、ダンシングやハンドルを引き寄せてガシガシ踏むときや肩の力を抜きながらリラックスして走る時にその良さを実感します。
ついでにサドルを5mmだけ後ろに移動した。

見た目がほとんど変わらない変更。
1〜2万かけるのはちょっと勇気がいった(笑)。
でもやはり変えて良かった♪



by stb-blog | 2016-12-02 11:43 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

c0176622_19535915.jpg

c0176622_1954132.jpg
c0176622_19542228.jpg


Look 675のコンポは電動アルテグラです。
バッテリーはシートポストの中です。見た目重視の方はコチラの方がヨイです。フレームの掃除の邪魔にならなくてヨイです。

Look 675を買う前はリドレー・ダモクレスのコンポをアルテグラ6800にしてそれが超気に入っていたので、Look 675にも同じ物をと考えていましたが、やはりどうせなら。と思いきって電動にしました。


これから書くのは電動アルテグラ6870を半年ほど使用しての感想です。

『一度電動にするとワイヤー式には戻れない』とよく聞きますが、これはそこそこ当たっていると感じました。

私は毎日の自転車通勤でワイヤー式を使って、週末ライドで電動を使っています。
ワイヤー式ではチェーンが擦れる音がして、ディレイラーの調整を頻繁にしますが(調整がへたくそなので)、電動式は全くのノントラブルで1回も機械に触れた事がありません。電動のディレイラー自体、設定で触った事がないので、もし調子が悪くなっても自分では直せない、もしくは直す気がしない・・・ ということでトラブルになると直ぐさまショップに頼むと思います。ショップの人も言っていましたが、「ワイヤーと違って初期トラブルがほとんどないのでショップに来る事なくなるよ(笑)」って。確かに買ってから一度も行っていない・・・・(^^;
しかし、スプロケの歯数を変えた場合など、少し設定が変わるらしいので、もし調子がおかしくなったら見てもらおうと思います。どうもPCで設定するらしいですね。ハイテク感があってヨイ。
とにかく個人的に、ディレイラーのトラブルが無くなったのでそれだけでストレスがグンと減って買って良かったと思います。

そして次に思うのは、スイッチの押しやすさ。
これは、電動を導入する前に気になっていたことですが、レバーに付いているスイッチの操作性についてネットで調べていると「冬に手袋を付けた時に扱いづらい」との意見がありました。しかしそれは全くなくて、逆に従来型の方が扱いづらいと感じています。なんていうか、スイッチを押す時の指を動かす範囲が短く済みます。これに慣れたら従来型の指の長いストロークに苛立ちを感じます。

あと、同じことになるかもしれませんが、シフトミスが全く無くなります。キチンと調整をしている人は当たり前の事かもしれませんが、これがホントありがたい。これぞ電動の恩恵か!!シフトミスがゼロ〜です。通勤用の自転車といったら・・・ でもそれでもアルテグラ6700なんですけどね(^^; ギアが1回では「下がらない!」とか「上がらない!」とかね。ありますね。電動ではそんなの皆無です。ハイ。

あと、個人的にたまらんのが、ロードバイクに充電ケーブルを繋げるってのが格好いい(笑)
ちなみにバッテリーの持ちなんですが、半年乗ってもメモリが減っていない。ちょっと怖いので無理矢理充電してフルにする。(1回の充電でどれぐらい走れるのかな?)
その時ステム下側のコネクタから充電ケーブルがコンセントに繋がる訳ですよ。わかります?この格好良さ(笑)

しかし、この前ロード仲間達から、「電動は必要か?電動化をする必要性がわからん」って全力で言われましたが、強く言い返せなかった(^^; たしかに今まで電動じゃなくても全然OKでしたからね。
ただね、やっぱり、『一度電動にするとワイヤー式には戻れない〜〜〜〜!!!』
ですわ(笑)
by stb-blog | 2015-03-24 20:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ダモクレスISP
c0176622_11215698.jpg

新しく付けたセンサー
c0176622_1122674.jpg


c0176622_11221488.jpg



週末に久々にリドレー・ダモクレスISPに乗りました。

気分転換とは言えなぜ乗り換える必要があったのか?わざわざホイールを交換して、ガーミンのセンサーまで新しく付けて… ←これはずっと前に買って箱のまま放置していた。

理由は、4〜5カ月前から肘が痛くて、それがなかなか治らなくて、ていうか全く良くならない。痛み始めて直ぐに腕立てなどの筋トレもやめた。
これはLOOK675のポジションのせいでは?とちょっと疑問が出てきたからなのです。

ダモクレスに乗っていた時はどんなに激しくしても痛まなかったのが、LOOK675に乗ってから痛くなった。原因がこれだということは明白でしょう。
しかし、LOOK675を疑いたくなかった・・・

これはダモクレスに乗って確かめるしかない!

ってことでGO!

ダモクレスは約7カ月ぶり。
久々にのっての初めの印象は「ちっちゃ!」です。
サイズは同じはずなんですが、ハンドルが近い。肘が少し曲げられる。ステムは100mmでサドルもやや後ろにセットして更に後ろ気味に尻を置く事ができる感じ。
そして脚が回しやすい。これはオモロイ!
振動吸収もやっぱいい!

これはタマランってことでどんどんスピードが上がる。
・・・途中それは追い風だったことに気付いて冷静になる。

しかし引き返して帰り道でもガンガン飛ばせる。(個人比)
データを取るために前回と同じルートを通る。
前回は一部ポタレベルで7kmほど走ったコースがあるのでそれに合わせる。(うずうず・・)
やっと淀川に出て下ハン持ってダンシング。グイグイ進む。なんなのこれ?

平均速度が1.3km/hぐらい上がっていました。
ちょっと衝撃の事実です・・
どうしよ?このままLOOK675はやめてダモクレスで走るか?
う〜ん。

LOOK675はこれはこれで良いとこあるからな〜

たぶん、ポジションの問題なんだろうな。

あ、これは肘の痛みの原因を探るための乗り換えだった。

そうそうやはり重要なのはポジションですな。

LOOK675はステムが長いよね。たぶん110mm。せめて100mmにしたい。

サドルも少し後ろにしたい。でもステムが長いからできない。

ステムはASTEMといって特殊パーツなのでそう簡単に交換できないし。それに高い。
ネットでみたら2万以上する。

うーむ。
by stb-blog | 2015-03-17 11:24 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ずっと悩んでいた「異音問題」が解決しました。

今のロードバイク(ダモクレスISP)の異音に気づいたのは3、4ヵ月ぐらい前から。

最初は限られたシチュエーションのみだったけど、少しずつ頻繁に異音が発生するようになって、最後には静止状態からペダルを漕ぎ始める度に異音が発生するようになりかなりストレスが溜まりました。

コンポはアルテグラ6700

<異音の種類>
力を入れてペダルを回すと「ペキペキ」もしくは「チッチッチッ」と小さく音が鳴る。場所はリア(ホイール)っぽい。キンキンといった金属音ではない。ホイールのラチェット音に近い。考えたくないがカーボンフレームか何かにヒビが入っている感じの音。

異音は漕ぎ始めによく鳴り、ある程度スピードに乗れば、ギアをアウターに入れてパワーをかけてもあまり鳴らない。(聞こえないだけかも)
ヒルクライムなどで斜度が増すとかなりの確立で鳴る。ひどい時は10mほどの小坂を軽いギアで軽くダンシングするだけで鳴る。下ハンを持つと若干マシな気がする。ハンドルを待たずに小坂を登ると鳴らない時がある…けど、それは単なるパワーが足りていないだけと判断。


<原因追及>
考えられる原因は、やはりBB、そしてチェーンリングのボルトの緩み。
まずはBBを取り外してクリーニング&グリスアップ。これで解決したらもうけもの♪ 
…しかし解決せず。

チェーンリングのボルトはこれでもか!!ってぐらい締めたがダメ。
・・・解決せず。

ダンシングでも音が鳴るのでサドル系ではなさそうだけどとりあえずボルトを増し締め。
・・・しかし解決せず。

チェーンを交換。チェーンをアルテグラからデュラエースにして、スプロケットもピカピカに山を一つずつ磨く。(これは関係ないけど)
・・・しかし解決せず。

SPD-SLペダルを付けるボルトを増し締め。(これはやり過ぎると外すのに苦労する)
クリートを固定するスプリングを強くして、注油。
・・・全く解決せず。

ペダルを昔使っていた、問題ないであろうSPDに交換してみたが解決せず。

あとはヘッド回りということで分解してクリーニング&グリスアップ。正直ここが一番の原因だと考えていた。なぜならば、過去にこうして問題解決したことがあったから。
・・・自信はあったが解決せず。

やはりBBか?寿命かも?
ということでデュラエースに新品交換。
・・・しかし解決せず。(グレードをデュラエースにしたのはコスパの問題)


お手上げだ(><;)


残すところは、スプロケットの組み立て時に隙間に少量注油してみるとか・・・・ しかしネットで調べてもスプロケットに注油は必要無いって書いてあるし、作業が面倒なパーツなので悩む。
でもスプロケット怪しいんだよな〜
この前10sのスペーサー入れるの忘れて異音したからな〜


はぁ・・・・・
いったいどこが・・・・・
と悩んでいたら、Fディレイラーのボルトを調べると緩い感じ。締めるとボルトが回った。ここだったか!
・・・・しかし無情にも解決せず。


ここまでいろいろしてきたが、異音は全く止む気配もなく、今まで通り変わらず快調に鳴り続ける。怪しい箇所を見つけては調整して、テスト走行する。会社から帰って飯食ってからやる時も多々ある。週末だけではいくら時間があっても足りない。原因を追及するためには1箇所ずつ調整する必要があるのでかなりストレスが溜まる。

そして新しいロードバイクに興味が出始める(笑)

しかし今のフレームは気に入っているので、諦めず原因を探り続ける。


やはりヘッドパーツ。
再分解して、ベアリング自体もクリーニング&オイル注入、組み付けもグリスをたっぷり。
・・・・かなり自信あったけど解決せず。


ここでコンポを6700から6800に変更する。
・・・・問題なく解決せず。


異音はリア(ホイール)からだ。
クイックをマビック純正にしてみた。しかし解決せず。


やはり残すところはスプロケにオイル注入か・・・しかしこれは違う気がする・・・


インターネットでもいろいろ検索する。
当たり前の答えしか見つからない。
やっと見つけたサイトでは、リアエンドの取り付けボルトがどうのこうのって書いてあった。

c0176622_17323899.jpg



とりあえずボルトを増し締め・・・できないぐらいしっかり固定されていた(汗)
やはり問題ないでしょう。←決めつけ。

しかしもう何も思いつかないので、リアエンドを外してみた。(簡単に書くけど、触ったことがないので結構勇気がいった)
手が痛くなるぐらい強い力でボルトを外す。(ちょっと後悔)
パキ!っと音を鳴らしてボルトが緩む。緩み防止剤が塗られていたようだ。

テキトーにグリスも付けずに何も考えずにサッサと元に戻す。

まさかと思うけど一応、テストをしてみた。

するとビックリ! 異音が消えた!

ここ? え? ここだったの??

やっとだ。あぁ〜スッキリ!!

長かったなぁ・・・

この文章も長いな(笑)


・・・しかし!!


数キロ走っただけでまた再発した。

フレーム交換か・・・・


リアエンドの取り付けボルトにグリスを付けてみた。しかもたっぷり。

問題なくペキペキ鳴る。前より酷くない?


心折れかけたけど、ネジ緩み防止剤(強力タイプ)を塗ってキツク締めた。

テスト!
よし!鳴らない!
100km以上走った。
山も登ってみた。
まったく鳴らない!
これで問題は解決したということでしょう。(不安)


最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
少しでも役に立てたら幸いです。

・9月追記
あれから異音は全くしない。
間違いなくリアエンドのボルトだったみたいだ。


これで直らない方は、
こちらもあわせて読んで見てください。



by stb-blog | 2014-07-08 17:33 | ひとりごと | Trackback | Comments(9)

アルテグラ 6800 11速

c0176622_14432938.jpg


日曜日は夕方から雨っぽいので昼から三時間ほど走りました。

五月山を登り、序盤の2kmほどのキツイ斜度を乗り切って今回はストップ。

今日だけは絶対雨に遭いたくなかった。

なぜならば、コンポを入れ替えたからです!!(パチパチパチパチ)

3年間使用したアルテグラ6700(10s)→→→ 6800(11s)に変更です。

最近、シフトチェンジのスムーズさが欠けてきて、一度オーバーホールしようと思い、ついでなのでゆっくりと時間をかけて整備しようと思って、とりあえず今あるフレームには新しい6800を組んで、外した6700は前のフレームに付けようかと思っています。


まずは組んでみての感想。
なんといっても6700(10s)より組みやすい。細かな箇所で整備性が向上している。…例えば6700だとSTIにワイヤーを通すのがめんどくさかったけどそれが無くなっている。ブレーキワイヤーを通すためにトッププレート外さなくていいし。それこそブラケットのカバーのめくり方ひとつでもストレスがだいぶ減った感じです。
1つ気になるのが、ブレーキのワイヤーを固定するボルトについて、かなりキツク締めないとワイヤーが緩む。キツク締めれば済むだけの事だけど、繰り返しているうちにその部分が疲労してブレーキ本体が壊れないか心配。そしてなによりワイヤーが走行中に外れないかが心配でこまめにチェックが必要。ポリマーコーティングワイヤーが影響しているのかと思ったけど、フロントブレーキに関しては使うのが勿体ないからノーマルワイヤーを使用した(これでも全然引きが軽い)けどやはりボルトの締め付けが甘いとスカ!っと外れやすい。五月山を下っていてそのことを考えると背筋がゾッとした。

デザインは好みの問題で、個人的には6800(11s)は薄っぺらい感じがして好きではないです。クランクなんて6700(10s)の方が好みでした。
そして6800(11s)のSTIは少し細くなり握りやすいという意見がありますが、私は手が小さい方なんですが、6700(10s)の方が握りやすかったです。太さと言うより形状の問題かな?そしてなにより下ハンでのブレーキレバーが握りにくくなった気がします。遠いといいうか、もっとハの字に外に開いていたような気が・・・・普通に上からブレーキを握る時もそうです。慣れの問題があるとは思いますがシフトチェンジする時みたいに気持ちレバーがぐにゃって内側に入ってしまいます。
そしてなぜか前回使っていたハンドルが使いにくくなった気がしました。


さっきも言いましたがクランクのデザインが馴染めない。そしてペダルの付け根の貧弱感もなんとも言えない。←これは後に好きになるかも(笑) ちなみにペダルレンチは不要になりましたね。それとカーボンペダルにしましたが、立て掛ける時にペダルに擦れないようにとか気を遣ってしまいます。ペダルは傷付いてなんぼ?なので、金属製のペダルの方が良かったかも(^^; カーボンなので表面柄が繊維っぽくて美しくない(汗)

さて、書きながらなんだかマイ評価がどんどん下がっていますが、実際にバイクに乗れば驚きでした。それはノイズの少なさです。←これは単純に新しいからかもしれませんが
私の6700は少し設計にミスがあったのでは?と疑いたくなるほどノイズが多かったです。特にチェーンノイズがひどかった。
今回は、ディレイラーの調整も比較的簡単で、なんていうか、インナー時、Fディレイラーのトリム機能を使わなくても11段全て音鳴り無しです。アウター時も使わなかったような・・(ちょっと不明です)さすがにアウター・ローのときはジャラジャラチェーンが悲鳴をあげますが(^^;
普通に走っている時はあまりに無音なのでキレイなアスファルトの上を走った時なんてまさしく無音で横目で美しい河川敷の景色を見ながら涙を流しました。
※追記:6700を違うバイクに付けるといままでがウソみたいにチェーンノイズが無くなりました。ダモクレスとの相性だったのか、単純に付け方が悪かったのか。。。


ヒルクライムをして。
五月山は序盤、斜度がキツイのでスプロケの25で登ります。じつは今回11-28にしたので、28を温存したまま登ります。←この精神的に余裕がうれしい。
五月山は自宅からは一番最初の登りなので疲労が少ない状態。25のままでも苦しさに耐えれば十分乗り切れるのですがそうじゃなくて逆の場合にはこの28が助けになると思います。
ということでラスト少し28にしました。
劇的に変わりはしないけどたしかに軽い。苦しいのには変わりないけど数パーセント負荷が減った気がする。はじめからこの軽さで抑えながら登れば時間はかかるけどラクして登れそう。しかし・・・どうしてか少し罪悪感が残りましたヾ(´▽`;)ゝま、なんでも慣れの問題です♪

後はワイヤー類の初期伸び調整をして完成です。

c0176622_14441876.jpg


それにしても、思いつきではじめた6800の換装ですが、月曜にネット発注して、水曜に到着。水木金の帰宅後2時間計6時間ぐらいで組んで週末にテスト。想定外だったのは11速対応チェーンカッターが必要だったこと。これは平日の昼休みに買いに走った(^^; チェーンカッターとピンで5000円ぐらい。せっかくコストパフォーマンス高いアルテグラのコンポなのに工具代が痛かった。

c0176622_14443055.jpg

久々に澄んだ空
by stb-blog | 2014-06-09 14:45 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ガーミン510J

c0176622_15103284.jpg

キャットアイv3の心拍センサーの調子が悪いので、ガーミン510Jを買いました。
ネット通販ですが、1ヵ月前に比べると2〜3千円高くなっています。もっと早く買うべきでした(^^;

サイコンに表示する項目をカスタマイズできるんですが、1画面に最大10項目まで載せることが可能で、思わず何を載せるかニンマリしながら悩みます(笑)

キャットアイv3でもそうですが、いまいちタイム・ラップタイムを測ったことがなくて、いつも時刻を見てタイムを計測していました。
このガーミン510Jでは画面のカスタマイズが自由にできるので、例えば速度、平均速度、ケイデンス、距離などを中心とした平地用の画面にしたり、斜度、高度、心拍、タイムなどを中心にしたヒルクライム用にしたり、タイム、ラップライム、距離などタイムトライヤルをイメージした画面を設定しておくこともできます。なのでTT専用画面とか作って計測すると、後でPCやスマホのガーミンコネクトで自分の走りを見て、分析するのに楽しみが増えます。(※TT画面は作る必要ないです)


そうそう、先週、柳谷をヒルクライムしました。
タイムを測ると16分台なんですよね〜♪
ん?タイムを計測したのになんで正確な数値を書かないんだ?
ふふふふ。
実はラップタイムの計測方法がわからずに一度止まったんですよねヾ(´▽`;)ゝなのであくまでも正式な数値ではないので、16分台ってことにしました。
タイムアタックをするつもりはなかったんですが、前回の19分に比べつとちょっと変ですよね。なので次はキチンとタイムを測りたいと思います。
タイムが良くなった理由としては、体重が7kgほど落ちました。ダンシングを使って比較的重たいギアをガシガシ踏んだら良いタイムが出たって感じです。踏むのはあまり良くない気がするけど、この際は良いタイムを出してちょっといつもより天狗になりたいですね。モチベーション維持するためにもね(笑)

んで、今週末も走りますが、どうやら北風がビュービューな感じです。

柳谷はやめて大正池にしようと思います。

LSDで残りの脂肪をサッサと落としたいです。



c0176622_15101814.jpg

まだ桜を見られるのが嬉しい。
by stb-blog | 2014-04-18 15:11 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

毎週走っています

c0176622_11322694.jpg


気温が上がってきて、テンションも上昇中。

久々に柳谷にプチヒルクライム。

のんびり走って19分。

久々にしては上出来なタイム。

やはりマビック SLSとダイエットが効いている感じ。

休憩してベニーまで上ったけど、結構余裕。

嬉しくなって次の週も上ったけど、脚の疲労が抜けきれず苦戦。

こんなはずでは・・・・と19分。

ベニーまで上ると足着きかけた(^^;




Evocのサドルバッグ
カラーデザインが気に入って買ったけど、なかなか良い感じ?
軽くて丈夫なテント生地な感じ。
でも縫い目が弱いかな?

マビックのSLSで、10Sスプロケットなんだけど、ワッシャーを2枚入れるの知らなくて、ホイール付属のワッシャーのみでずっと走っていた。カチャカチャ小さな音が気になって仕方がなかったけど、なかなか気付かなかった。

サイコンのCAT EYE V3の心拍センサが反応悪くなってきた。

走りスタートして10kmほど走ってやっと動き始める。これってどうなの?
もしかすると、Bluetoothのイヤホンが影響しているのかしら?
まあ、もう少ししたら新しいサイコンになるので放置か。

サイコンは悩み中。
ガーミンのEdge510Jか810Jか。
510Jで十分なんだけど、ナビがあればもっと練習できる道が増えそうな気がする。ナビやマップはiPhoneで調べればOKだと思うけど、どうしてもiPhoneだとメンドクサイんだよね。たった5秒ぐらいの操作だけど実際現場だとすごくメンドクサイ。
こんなめんどくさがりは810Jでも同じなんだろうか。かなり悩むところ(><;)
by stb-blog | 2014-03-19 11:33 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク・写真・釣りの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30