タグ:サドル ( 6 ) タグの人気記事

サドルバッグ

c0176622_1941017.jpg




■工具無しで取り付けができ、着脱も90度ひねるだけのワンタッチ操作「ローラーシステム」を採用したサドルバッグ

■サイドにはカーボン素材を使用しています

■ロード用のスペアチューブを入れておくのに最適なサイズです

■3M社製リフレクティブパイピング

■サイズ:120×60×50mm

■容量:230cc

■カラー:プロカーボン

■重量:52g




かなり小さいです。

無理矢理押し込んでこれだけ入れています。工具をもっと小さいのにすれば余裕なんでしょうが今はとりあえずこれでいってます。(チューブ:ビットリアEVO 55g 700x19-23C)



ワンタッチ脱着システム「ローラーシステム2.0」ですが、アリオネ(TRI2)に問題なく付きました。他のサドルにも問題なく付いたので汎用性は高いと思います。



このサドルバッグ。
なかなか格好いいので不都合が無い限り長く付き合えそうです♪


c0176622_1941017.jpg




by stb-blog | 2010-10-08 19:39 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

暑いですね〜

昼から走ると結構地獄です。



c0176622_19283893.jpg



早朝の方が気温が低くて走りやすいです。

サドルはフィジーク・アリオネTRI2です。


先週走ったときに快適だったので当分の間はこれでいきます。





c0176622_19285286.jpg



暑すぎで走るの厳しすぎ!
by stb-blog | 2010-07-27 19:28 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

サドルテスト

サドルを新しくしました。
「Boro 3059」ってやつです。
定価は3990円です。
1.5千円ぐらいで買いました。(新品)
c0176622_11561949.jpg
このサドルの特長はアリオネみたいに長くて腰を引いたポジションがとれる。そしていろんなポジションがとれる。ってことらしいです。
センター部に溝があって少しだけ凹んでいるので尿道の痺れが出にくくなるのではないでしょうか?それがこのサドルを購入した一番の理由です。



c0176622_11564035.jpg

さて日曜は雨が上がって水たまりはあるものの問題なく走れました。
時間がないので1.5時間ほどの走行です。

まずは座ってビックリ!
まるでフカフカのソファーみたいです(笑)
フカフカすぎて違和感があるものの気持ちよすぎてどこまでも走れそうな予感がします♪

腰を引いて後ろに座るとやや太腿裏が擦れます。ちょっと気になります。
それ以外は悪いところを探してもなかなか見つかりません。
無理矢理見つけようと超厳しくみると、「こんなにふかふかサドルに座っていては気合いが入らない!」「そしてサドルのベースとなるものが柔らかすぎてしなりすぎ?」「座骨がめり込んでちょっと違和感が・・?」などがありますが、実際はこのサドルを使い続けるともう外せなくなるのでは?と不安になるぐらい尻に優しいサドルです。
そして問題の尿道ですが、全く問題なし!
アリオネにこれがあれば良いのにと思います。

c0176622_11562739.jpg
c0176622_11563377.jpg




プロロゴもアリオネも1万円以上します。
1.5千円ほどのこのサドルに満足するのはどうも納得いきません(^^;

次はもう少し攻めてみて感想を述べたいと思います。
by stb-blog | 2010-06-28 12:11 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク

日曜に2、3時間乗りました。

天気が悪いです。
今にも雨が降り出しそう。
サドルの角度を前下がりにしたのでどうしても乗っておきたいです。
最低でも50km乗りっぱで試めさなくては。


河川敷に出たものの、風が強くてホントに雨が降り出しそう。
何度も引き返そうかと思いましたが、超追い風だったのでスイスイ〜と御幸橋まで行きました。

御幸橋ですがとうとう新しくなりましたね。

c0176622_1175624.jpg
c0176622_118465.jpg
c0176622_1181142.jpg
欄干は移設です。

2分ほど写真を撮りながら休憩をして、サッサと帰ります。

そうそう、旧国から木津川自転車道に行くための横断歩道が無くなっていました。なので今現在は、御幸橋の真ん中(背割り堤公園入口)まで行ってから横断歩道を渡って引き返すことになります。(非常に面倒です)
おそらく近々にでも淀川と木津川の自転車道は河川敷内で繋がることになるかと思われます。(工事はしてなさそうですが・・)



帰りはご褒美の激向かい風♪

27〜29km/hほどをキープして半分ぐらいの距離を頑張りましたが、鳥飼大橋を過ぎたあたりから急激にペースダウン・・20km/hでトロトロと(><)


立ち漕ぎでスピードを上げますが、座るとダメです・・
脚は疲れていませんがペダルを回すことができません。
キャラメル食べたら変わるかな?と思いましたが変化無し(^^;

そのままインナーでクルクル回して毛馬トチク。



さてサドルですが、前下がりに設定したので当然ながら走っていると前にズレてきました。
それがいやでいやで仕方なかったですね。
途中からはコツを掴んだのか、ズレは少なくなってきましたが、気を抜くと気がつけば思い切り前に座ってしまってます。
しかし心配していた尿道の痛みですが、全くありませんでした。

悩みますね(^^;
前下がりはいやなのでもう一回だけ別のサドルを試しますが、それが合わなければ当分はこのアリオネTRI2の前下がりで行きたいと思います。


AV
速度:22.2km/h
心拍:144bpm
ケイデンス:78

MX
速度:38.2km/h
心 拍:181bpm
ケイデンス:199(?)

走行距離:58.4km
走行時間:2時間38分
消費カロ リー:1155kcal
by stb-blog | 2010-06-21 11:09 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
サドルをアリオネTRI2に交換してから2回目の走行での感想です。

座骨痛の心配は全くいらなくなりました。

尻に優しくて練習中でも、サドルにまたがる度に「♪♪♪」です。
柔らかいけど柔らかすぎないってところがポイントでしょうか。
とても快適なサドルです。


しかし!! but!!
やはり今回も尿道の痛みがありました。
詳しくは「痺れ」なんですが、トイレをしたら少しピリピリと「痛み」を感じました。
今までのサドル(いっても2種類しか知らない)では尿道の痛みがありませんでした。今回のサドルで初めての経験して・・ちょっと戸惑いを感じております。
んで今はその尿道対策ってのをいくつか考えているところなんです。

○もっと前下がりにしたらどうか?
尻の位置が安定せずにペダリングに影響しそう。(前にズレる)

○ステムを短くしては?
より骨盤を立てやすくするためです。
尿道が圧迫される理由は骨盤が寝ているからだと思います。
今回の走行中に痺れが出始めたので、骨盤をビンビンに立たせると痛み(痺れ)が緩和されました。少しぐらい立たせたところでは変化ありません。あくまでもビンビンにです(笑)腕を張って背中を丸めて骨盤を直立にするイメージなんですが、今のポジションではしんどくてとてもその姿勢を長続きさせることができません。(弱いだけ)
ステムを短くしてサドルを前にする(←これはあまりしたくない。見た目的に(笑))ことによって骨盤が立てやすくなるでしょう。

○買い替え
実はもうすでに次のサドルを見つけています(笑)
アリオネのデザインは気に入りました。アリオネというより、長めのサドルが気に入りました。まだ買うかどうかわかりませんができればこれ以上冒険はしたくないですね。

それから今まで使っていたプロロゴ・チョイスなんですが、ロングで乗ると座骨が痛くなるってこと以外はあまり不満がなかった点からして正解だったのかもしれません。

このままではプロロゴ・チョイスに戻る可能性が高くなりそうです。
by stb-blog | 2010-06-17 16:50 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
c0176622_17253711.jpg


やったりました。
どういうわけかTRI2です・・・・・自分でもよくわかりません。
とにかくロングライド対策です。


目指せ!琵琶湖一周!
最近は仲間が全く活動していない状況なので一体いつになったら琵琶湖一周できるのか心配です(^^;
誰か一緒に走ってくだせ〜


んでサドルですが、今まではプロロゴ・チョイスを使用していました。
チョイスはデザイン・シルエットがとても美しく、ベースが白だったので、どことなくサドルっぽくなくて見た目が超お気に入りでした♪
欠点はクッション性がやや低いと言うことですね。週一で100kmぐらい乗るだけなら問題ありませんが連日で乗るとやはり座骨が痛くなります。

このTRI2ですが、TRIはトライアスロンという意味です。水着でも乗れちゃうほどフカフカのサドルです。
クッション性が高い部分は先端部から中央にかけてです。指で押すとかなり凹みます。
中心から後部にかけてはそれほどクッション性は感じられません。

下写真のサドルはジオスに付いていた物なんですが、これは後部にクッション性があって先端部はほとんどクッション性は感じられません。
c0176622_17254919.jpg

このジオスのサドルはペダルを高回転で回すと尻がポンポンと跳ねてしまいます。座骨にはとても優しいんですが跳ねるのがあまりよくありませんね。
TRI2は全く跳ねませんでした。

TRI2のデザインなんですが・・・・・う〜ん。好みの問題なんでしょうがサドルを付けた途端にロードバイクの質が一気に下がった気がします(笑)
やはりサドルってデザインが重要です。
まあデザインというよりカラーの問題ですね。このTRI2はグレー色なのでママチャリっぽい質感してます。正直泣きそうです(^^;
重量は252gでした。プロロゴ・チョイスより少し軽くなりました。

ま、サドルは座ってなんぼなのでデザインは無視して早速インプレしてみたいと思います。でもアリオネを使ったことがないのでそれとは比べられません(^^;


まず初めに乗った感覚。
う〜ん・・こんなものか?
確かに痛みは感じられない。
痛む気配がない。
やっぱり普通のアリオネにしとけば良かったかな・・(またやっちまったか!?)

その内に尿道の痺れ?みたいな違和感を少し感じられた。(ほんと少しだけです)
50kmほど走ると座骨にも違和感が。(痛みではありません)
違和感を感じるたびにポジションを少し変えてやるとラクになります。(後部に座り直します)騙し騙しでどこまで行けるものなのか・・

アリオネは尻位置を色々変えられるところがワタシにはメリットですね。今でも走りながら尻ポジを探しているので丁度良いかもしれません。これからはもっと後方に座ってペダルを回す練習をしてみようかと思ったりしています。
ちょっとクリートの位置が気になりはじめました。


プロロゴよりかは間違いなく痛くならないサドルです。パットが薄いタイプのレーパンでも安心です♪
問題は尿道の痺れでしょうか。今のところ初めに感じてからは気にしてませんが、これから気になるようなら交換を考えようと思います。

先端部のフカフカはあまり効果がないように思えますね。下ハン持って長時間走れば効果が見られるのかもしれませんが、一度乗ったぐらいではよくわかりません。

とりあえずはファーストインプレッションということで。
ではまた♪
by stb-blog | 2010-06-10 17:33 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク・写真・釣りの日記です。


by ノン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31