<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0176622_16213669.jpg


カーボンホイールに付けました。
あとはタイヤを何にするか決めればメンテ完了♪

当分の間はALX320DXを使い込むので、このホイールはしばしお休みです。
by stb-blog | 2010-02-26 16:22 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
c0176622_1448529.jpg
20g これだけで3000円以上します・・
--
マイクロロン樹脂(フッソ樹脂加工物)を配合した機械組み立て用の潤滑剤。エンジン組立て用に開発し、各パーツの摺動部分に指やゴムべら等で、薄く塗り込み組み上げます。
--

昨年の秋にアッセンブリールブリカントというグリス?を買いました。買ったままで使っていませんでした。

どっかで読みましたが、ウソかホントかわからないけどヘタなパーツを買うより良いとか・・(^^;
でもこのグリス非常に高価です。

んでこれがカーボンホイールのフリー部分です。ラチェットが見えますね。
今現在の状態
c0176622_14494779.jpg
前回「これでもか!?」というぐらいにレスポグリースをたっぷり塗りました。それはラチェット音を消すのが目的だったのでそれで良かったのですが、もしかしたら多量のグリスが回転性能を低下させてはいないだろうか? 
とくに先日買ったホイールALX320DXと比べると劣る気がしてしかたありません。(スタンドで立てて回して比べます)
気になったらもうどうしようもありません。確認あるのみです。

まずタップリ塗ったグリスを洗浄してアッセンブリールブリカントを塗ります。
もう音なんて爆音でも気にしないから適量(前回に比べてかなり少なめ)を塗って終了です。ついでに外せる範囲のシールドベアリングにも塗ります。(当然シャフトにも塗る)

たっぷり塗っているわけではないのでラチェット音はまた元の通りに大きくなったか? と恐る恐るホイールを回して確認するとなんともまあ!超静かになりました。ALX320DXより少し大きい程度です。こっちの方が好きかも(*^^ゞ
肝心の回転ですがこれまたスンゲ〜良くなった!!
グルングルン回ります。
感動しました。
これだからメンテはやめられない(´∀`)

しかし・・・いままで気づかなかったことが出てきました。
あまりにも回るので、チューブラータイヤのセンター出しができていないため、途中でフレが発生してスタンドで立っている自転車が小刻みに揺れ出します。

今度タイヤ交換するから次はしっかりとセンター出ししよ・・ (ー"ー;)

それにしても、グリス一つでこんなにも違いが出るものなんですね。
買ってよかった〜(TT)
by stb-blog | 2010-02-25 14:58 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

A-Class ALX320DX

c0176622_1095711.jpg



いや〜。 やっとこさホイール探しの旅が終わりました。

練習用ホイールを探していたので予算としては4万まで。(タイヤ・チューブ代までを入れると実質3万ぐらい)

メーカーに拘りはなくどこでも良かったんですが、できればマビックが欲しかったですね。(人気あるし、失敗なさそう)
でもマビックのデザインはワタシのロードバイクにいまいち合わないんですよね・・どうせステッカーなんだから別の(青色キボンヌ)カラーバリエーションを用意できないのかしら?

まそんな話はええとして、結局ホイール選びは、やや軽量でコスパが優れているA-Class・ALX320DXにしました。

<主な仕様>
リム外幅:19mm
リム高さ:27mm
参考重量:700g(前)930g(後)
定  価:37,800円 (税込)

マビックのデザインの話をしていながら、このALX320DXのリムステッカーはチープ・安物っぽくてあまり人気がありません。確かに幼稚臭さはありますが、ワタシのロードバイクもそれっぽいのでそれなりにマッチングしているかもしれません(笑)でもギラギラの銀色ベースのシールは勘弁(^^;


c0176622_1010934.jpg


ALX320DXを購入してからなんですが、ネットで余所様のインプレを見ると、何やら平坦向けとのこと。ヒルクライムには向かないとのこと。剛性が足りないとのこと。(や・・やっちまったか!?)

ハブのベアリングはシールドタイプということで玉当たり調整は不要です。玉当たり調整作業は結構好きなんですがこいつは整備がラクチンってことでOK♪
実は超高級グリスを手に入れたので、さっそくハブを分解したい衝動にかられます(*^^ゞ
でももうちょっと使い込んでからにしましょう。

次にラチェット音です。
この部分は全くのノーマークでした。
今あるカーボンホイールが爆音なので(現在はマシになっている)、今度買うホイールは静かなラチェット音を希望していました。
ドキドキしながら初めてタイヤを回すと、なんて心地よいラチェット音なんでしょう♪♪♪
WH-R500のような無音タイプもいいけど、軽く小さめの音なら鳴る方が好きですね。


んで早速乗ってみました。
毎日乗っているシマノWH-R500と4ZAカーボンと比べます。
タイヤはMichelin PRO3 Raceです。

c0176622_10101629.jpg



1発目の感想は・・・「普通」ヾ(´▽`;)ゝ

やっぱり?

あまり期待はしてなかったけど、違いがわからない自分が嫌になりましたね (ー"ー;)

でも通勤号ジオス・カンターレに付けると、違いが簡単にわかるると思います。(タイヤも軽いので総重量はWH-R500より400g以上軽くなっているので)


剛性については自分のレベルではよくわかりません。


平地向きということなんですが、ディープリムに比べるとやはり30km/h以上からの伸びが弱い気がしました。この前も追い風で35km/h以上からペースアップを図りましたが思ったより伸びなくてアレ?って感じました。でも30km/hまでの初速や加速はけっこうエエ感じに思えます。

ちなみに向かい風はディープリムより走りやすかったです。(これももっと速度が上がれば違ってくるんでしょうが)

次は、山に行ったらまた感想を書きたいと思います。

c0176622_101139.jpg
by stb-blog | 2010-02-24 10:14 | 自転車 | Trackback(2) | Comments(0)

トレーニング

土曜日にマルと走りました。
枚方から猪名川沿いを五月山方面に向かいます。

10:00
ワタシは毛馬からスタートして集合場所の枚方に向かいます。
軽く追い風なので心拍数を抑えることができ、LSDには最適な一時間になりました。

c0176622_15581830.jpg


11:00
枚方集合
そこから鳥飼大橋まで引き返します。

次に「なにわ自転車道」に入って少しペースを上げて「猪名川自転車道」まで一気に行きます。

c0176622_1558295.jpg


猪名川自転車道に入ってトイレ休憩っす。
ワタシが履いているタイツはビブタイツなので“小"をするだけでも一苦労です。個室に入ってアウターを脱いで、ジャージ(この時は夏用のジャージをアンダーウェアの上に着ていた)を脱いで・・・ ああぁ!メンドクサイ!


少ししか出ないや・・(´∀`)


お待たせ〜♪
この日は天気はコイサーなんだけど風が冷たく強いわ。
休憩すると身体がすぐに冷えてしまう。
サッサと走りまひょか。

ペースは26〜7km/h ケイデンス90です。
ケイデンス表示はペース作りにとても役立ちます。
常にシンドクナイ程度に90回転を守ればエエ感じということでしょうか。

お約束の伊丹空港。
残念ながら飛行機の飛び立ちはなかった。

c0176622_1558389.jpg


その後も気持ちよく走りゴール付近まできたんだけど、河川工事が行われていて道は通行不可になっていました。
工事現場周辺の自転車道はダンプ1台がギリギリ通れる道幅なのですれ違いに注意しましょう。

そこから休む間もなくUターンして引き返します。


猪名川帰り途中の休憩中にマルのサドルの角度を検証します。
どうも前下がりのようなので水平、もしくは後ろ下がり気味に調整します。
少し苦労しましたが、無事調整完了。
なかなかエエ感じになったようです。

c0176622_1559193.jpg

c0176622_1123843.jpg




なにわ自転車道に入って、運動強度を上げます。
追い風ということもあって35km/hペースで走ります。途中気付けば39km/hぐらいに上がっていました。
マルが後ろにベタ付きなので、引き離そうと更にスピードを上げます。「おりゃぁぁぁ!」とダンシングします。
後ろを確認すると全く離れていません。アカン…かなり無理してもうた(><)ゲホゲホ

次はマルに前を走ってもらいます。
マルも今まで以上に気合いが入った走りで31〜2km/hのペースを維持します。ワタシも負けじと付いていきます。 しばらくしてアクシデント発生!
ワタシが足を休める(ペダルを漕がない)と、すぅ〜と惰性でマルに近寄って「ああ!ああ!」と、マルの後輪にバシュ!・・・バシュ!!・・と2回接触しました。転ぶ〜!!(><;)めっちゃ冷や汗かきましたよ。
なんとか無事回避できたので、前を走行続けるマルに大声で「ごめ〜ん!」と叫んで謝ります。でも後で聞くと全く気付かなかったとのこと・・そんなもんか?(^^; そんときはホント死ぬかと思ったよ。

んで、なんで接触したのかと言うと。こんな危なげなことは初めてで、あの引き寄せられ方っていったい何なの???
その時気付いたんですが、この日はホイールを新しく交換しました。かなり回転が良いと思ったんですよね。慣れとは恐ろしいもので今までとは違う“転がり性能"で、前方の速度に合わすブレーキのタイミング・強弱をミスったんだと思います。

とにかく事故にならなくて良かった・・
ということでなかなかヨサゲなホイールです(笑)
※ホイールのインプレはまた今度


結局休憩無しに神崎川を走りきりました。
かなり疲れましたよ(><;)ゼエゼエ

それにしても昨年のマルはこの地点で足が上がらん〜ってやってたのに、今は「気持ちいい〜!」の一言ですよ。

こっちはもう走れませんって・・(^^;



淀川に入り、鳥飼大橋で水分補給。
c0176622_1559921.jpg



用事があるので「んじゃまた今度ね」とサッサと解散。

疲れました・・


AV
速度:21.7km/h
心拍:141bpm
ケイデンス:81

MX
速度:39.3km/h
心拍:188bpm
ケイデンス:199(?)

距離:84.4km
時間:3時間53分
消費カロリー:1588kcal
by stb-blog | 2010-02-22 16:23 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ホイールゲット♪

むふふふ〜 練習用ホイールをゲットしました。
明日早速走ってきます。

天気良さそうなのでのんびり走行がいいな〜(´∀`)
どこいこ?
by stb-blog | 2010-02-19 20:03 | Trackback | Comments(0)

トレーニング

日曜にマルと練習をしました。

11:00 枚方集合。
到着して、マルの姿を探します。
自転車の格好って、個人を特定するのが困難なんですよね。
ヘルメットにサングラス、普段離れしている服装・・・人が多い集合場所だとホント苦労しますよ。
その中で準備運動している人がいるんで目を向けました。動きに特徴があるのですぐにマルと解りました(笑)

お!ヘルメット買ったんや。
ほほぉ〜 パンツもちゃんとピチピチやな。結構。
シューズもSPDでっか!気合い入ってるな。立ちゴケ2〜3回したとか・・そりゃ痛いわ。

しばらくおしゃべりをしますが、寒くなるのでさっさとスタートします。

コースは昨年に行ったプチヒルクライム。
とりあえずは御幸橋に向かいましょ。
少し向かい風だけど心地良いペース(速度27km/h・ケイデンス90)で走ります。

御幸橋で休憩後、迷子になりながらなんとか上り口まで行けました。
まずは、いきなりシンドイ坂から始まるので気合いを入れます。
ハアハア…ゼエゼエ…ゲホゲホ…ウェッ 2回目なので序盤は足を着くことなく上りきりました。(約1km)
直ぐ後ろにはマルが付いてきます。
ちょっと休憩をして再スタート。一気に頂上に向かいます。


c0176622_14121431.jpg
13:00 頂上手前でお約束の撮影会♪

頂上まであと少し!気合いで上りきりました。(合計約4km)

ワタシは調子が良いのか悪いのかよく解りませんが、昨年は足を着いたけど今回は着きませんでした。ペースもアップできたと思います。次は休憩なしに挑戦か?

c0176622_141225100.jpg

マルも足を着かずに頂上まで到達。マルは体型からしても上りは得意分野になるでしょう。ロードバイク歴6ヶ月なんですが、ダンシングを多用した上りには驚きを隠せません( ̄□ ̄;)もう少しすればワタシはマルの背中を追いかけることになるでしょう。ちょっとセンチメンタルっす(T T)

帰りは一般道は怖いとのことで、来た道を戻ります。
下りで道の繋ぎ目が3cmぐらい凸っている場所があって前後輪モロに衝撃受けることに!バキィ!!と嫌な音が鳴りました。カーボンホイール逝ってないか不安になります。確認したけど一応大丈夫そうですがそれでも凄い衝撃だったので心配です。後ろにいたマルもハンドルを離しかけるほどの衝撃だったとのこと。クリンチャーなのでリム打ちが心配でしたがパンクはなさそうです。

気を取り直して安全運転で坂を下ります。

14:30 相変わらず迷子になりましたが、御幸橋に到着。

c0176622_14123538.jpg
ちなみにマルはホイールがボントレガーに変わっていました。


c0176622_14165480.jpg


淀川に入ってすぐに恒例のスプリントが始まります。
二人とも打合せ無しに坂を利用して猛ダッシュ!!

スプリントで負けてたまるか!と力を振り絞って気合いをいれます。
でもマルを引き離すことはできずに後ろに着かれ、しばしワタシが前を引くことに・・

引き離しにかけますが、こちらの体力が続かずにすぐに追いつかれます。
そしてまたしばらくワタシが前を引き続けます。
アカン・・もう限界や・・

その時、殺気を感じました。
シャ!っとマルがワタシを追い越していきます。

うお!ヤバイ!
絶対離れん!!と食いつきます。

マルの後ろに着いて少し息を整えて、またワタシが前にでます。
今度は引き離しではなくペースアップが目的です。マルがバテてそうなのでワタシが前を引きます。(余裕か?)
最後のゲートを抜けてからマルが前に。
残り数百メートルのところでワタシは全力を出し切るアタックに!!
これにはマルは付いてこられないモヨウ。
正直「助かった・・」と安堵感でいっぱい。

15:15 ゴールでしばらく休憩。
c0176622_14125282.jpg

有意義な練習会になりました。

天気が崩れそうなので解散して、帰路につきました。

マルはかなり走り込んでいますね。
ロードバイク歴6ヶ月とは思えないです。
抜かされるのは時間の問題です。

AV
速度:21.1km/h
心拍:154.0bpm
ケイデンス:80

MX
速度:48.1km/h
心拍:198bpm
ケイデンス:199(?)

距離:79.85km
時間:3時間50分
消費カロリー:1711kcal
by stb-blog | 2010-02-15 14:19 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

トレーニング

c0176622_19321984.jpg

3月のサイクルイベントに向けてトレーニングをしています。
トレーニングというか・・単なる練習というか・・ ただ走っているだけなんですけどね(*^^ゞ
しかも50〜60kmぐらいしか走ってないし(汗)

その50〜60kmでも疲れるんですよ。
ホントに。
ちょっと前のことなので記憶が薄れてきましたが昨年の夏とか秋なら往復100kmぐらいなら楽勝だったはず。しかもAVEももうちょい高いし。

う〜ん・・ なぜじゃ。


1月に新しくサイクルメーターを付けました。キャットアイV3です。ケイデンスと心拍数が計測できます。
今までは速度だけでしたが、このV3のお陰で寒い冬でもちょっとやる気が出ます。
そして、走行中もそうですが、走行後の楽しみってのが増えました。データ管理として、しっかり数値を取って変化していく身体を見ていくのが楽しいです。

しかし、疑問があるんですよね。
ハートレートが故障か?と思えるんですよ。
ま、混信で200以上になることは聞いていました。

c0176622_1941461.jpg
しかし、写真のようにシンドクなくても180以上をキープしているんです。
普通ならゼエゼエ言っているところだと思うんですが、ワタシは写メ撮る余裕があります(笑)写真のように10秒以上180台を表示しています。これってどうなんでしょ?
前回心拍を測った時もこうでしたが、電池が切れかけているのかと思ってこの日に新しいものに交換しましたがやはりこの通りです。

ワタシは心拍数は高めみたいです。心臓が小さいんですよ。小動物なんです。身長180ですが・・早死にしそうです。

LSDトレーニングをしたいのですが、上記のとおり心拍が下がりません。
ケイデンスですが、ワタシは今まで100〜110で走っていました。
90が良いらしいので、90に下げる練習をしています。
かなり低負荷にしても心拍は145〜155bpmぐらいです。

あと、冬で乾燥しているためなのか?汗をかき始めるまで心拍計は0のままです。
家で測ろうとしても計測不可なので困ります。

これって正常なのかしら?

次週末はマルと練習することになっているのでマルに一度頼んでブラを付けてもらうかと思います。

c0176622_19324640.jpg
鼻水が止まりません。
恐ろしいぐらいに鼻水が出ます。鼻で息ができないのが辛すぎ(><)

c0176622_19335424.jpg
淀川自転車道終点です。
緊急車用の道路なんですが、自転車道として使ってます。
しってました?河川工事って冬期しか行わないんですよ。乾期で雨が少ないのが理由なんです。水位の変動があっては危険だからです。
早く、この延長工事が終わってくれることを願います。

c0176622_19374589.jpg
往き(上流方向)は向かい風で帰り(下流方向)は追い風となりました。このパターンが好きです。
追い風ラクラク〜♪


AV
速度:22.0km/h
心拍:159.0bpm
ケイデンス:83

MX
速度:40.4km/h
心拍:203bpm
ケイデンス:123

距離:55.61km
時間:2時間31分
消費カロリー:1169kcal

2010年2月26日追記:
キャットアイV3は快調です。
この時はワタシの体調が悪かったのでしょう。
今ではV3、超お気に入りです。
ケイデンスの表示文字が小さいという話がよくありますが、ワタシは目が良い方なので、そんなに小ささは感じません。もしかすると、メーター本体の取り付け位置が関わっているのかもしれません。
ワタシは瞬時に少しでも見やすくするためにステムではなくハンドルに付けて本体を前にやっています。ちょっとは読み取りやすくなるかもですよ。
by stb-blog | 2010-02-08 19:45 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

タイヤの寿命


c0176622_1402053.jpg
c0176622_1404377.jpg


タイヤを交換するタイミングってよくわからないです。
一枚目の写真は後輪タイヤです。
二枚目の写真は前輪タイヤです。前輪はまだまだ使えそうです。

後輪は昨年の5月に交換しています。
センターがツルツルで傷があちこち付いています。パッと見ではこの先いつパンクしてもおかしくない感じです。
走行距離は1500kmいってる?いってない? …計算するのが面倒なのでおいといて。。一年も経たずに交換するのはどうなんでしょう・・(^^;
クリンチャーならローテーションをすればいいんでしょうがチューブラーは簡単にはいきません。

チューブラーってほんと厄介だな・・(^^;

前にも書いた通り、いまガンガン使える練習用のクリンチャーホイールを探しているところでして、いろんなホイールの性能について調べることが多いです。
ホイールの重量は性能に大きく関係しているので、そのことばかり気になってます。他にもいろいろ考えすぎてシンドクなってきてますが(汗)
まだホイールはどれにするかは決まっていません。とりあえず決まっていることは、今持っているカーボンホイールは決戦用にするということ。(いつどこで決戦があるか不明)
だから次にタイヤを交換するときはもう少し高級なタイヤにして、チューブラーのメリットである軽さを存分に発揮させてやろうと思います。しかし中途半端な重量なんだよな〜このホイール・・
by stb-blog | 2010-02-03 14:04 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク・写真・釣りの日記です。


by ノン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28