ハブ グリスアップ

イベントから帰って自転車の汚れを落としながらALX320DXの後輪ホイールを回すと何かギッギッギと引っ掛かる音がしています。回転抵抗になっている感じはありませんが音が気になります。よく聞くとハブから音が出ている気がします。気になってしまったらもう収まりません・・

後輪なのでスプロケを外すのが少し面倒です。
でもチャチャっと済ませれば5分もかかりません。面倒なだけす・・

ハブの分解方法は良く解りませんでした。
難しそうなのでベアリングやシャフトは一切触れずにフリーだけ外しました。これは簡単です。
本当はベアリングを抜いて洗浄してオイルを差したいところですが工具がないのでやめときます。(技術もないし)
c0176622_1130256.jpg
c0176622_11301047.jpg
あまり汚れていません。
ただ、オイルっぽい(水っぽい)ものが表面に浮いています。
とくに写真のラチェットの金属部を見ると乳白色の水っぽいのが浮いています。
これもよく解りません。
深く考えずにとにかく拭き取りキレイにしてやります。

c0176622_11301750.jpg
ラチェットを分解。
シンプルな構造だな・・

c0176622_11302470.jpg
キレイにしたあとはお気に入りのアッセンブリールブリカントを塗ります。

c0176622_11311296.jpg
c0176622_11315685.jpg

写真に綿棒が写ってますが使わない方がイイですね。
綿がバラけてグリスに混じってパーツに付く恐れがあります。
指で塗りました。

フリーを元に戻すときにゴムパッキンの向きを間違って何度も組み直し(スプロケ付けて外して)をしました。ゴムパッキンの表裏の向きだけで回転が悪くなり違和感がでました。正しくすれば元通り、いやそれ以上に回るホイールになりました。

問題となっていたギッギッギという異音は全くしなくなり解決です♪
グリスアップでき、異音がなくなり、気分良くメンテができました。
トラックバックURL : https://stbblog.exblog.jp/tb/13965287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by stb-blog | 2010-03-17 11:34 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク・写真・釣りの日記です。


by ノン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31