ホップの真実 ではなく、アッセンブリールブリカント

c0176622_1448529.jpg
20g これだけで3000円以上します・・
--
マイクロロン樹脂(フッソ樹脂加工物)を配合した機械組み立て用の潤滑剤。エンジン組立て用に開発し、各パーツの摺動部分に指やゴムべら等で、薄く塗り込み組み上げます。
--

昨年の秋にアッセンブリールブリカントというグリス?を買いました。買ったままで使っていませんでした。

どっかで読みましたが、ウソかホントかわからないけどヘタなパーツを買うより良いとか・・(^^;
でもこのグリス非常に高価です。

んでこれがカーボンホイールのフリー部分です。ラチェットが見えますね。
今現在の状態
c0176622_14494779.jpg
前回「これでもか!?」というぐらいにレスポグリースをたっぷり塗りました。それはラチェット音を消すのが目的だったのでそれで良かったのですが、もしかしたら多量のグリスが回転性能を低下させてはいないだろうか? 
とくに先日買ったホイールALX320DXと比べると劣る気がしてしかたありません。(スタンドで立てて回して比べます)
気になったらもうどうしようもありません。確認あるのみです。

まずタップリ塗ったグリスを洗浄してアッセンブリールブリカントを塗ります。
もう音なんて爆音でも気にしないから適量(前回に比べてかなり少なめ)を塗って終了です。ついでに外せる範囲のシールドベアリングにも塗ります。(当然シャフトにも塗る)

たっぷり塗っているわけではないのでラチェット音はまた元の通りに大きくなったか? と恐る恐るホイールを回して確認するとなんともまあ!超静かになりました。ALX320DXより少し大きい程度です。こっちの方が好きかも(*^^ゞ
肝心の回転ですがこれまたスンゲ〜良くなった!!
グルングルン回ります。
感動しました。
これだからメンテはやめられない(´∀`)

しかし・・・いままで気づかなかったことが出てきました。
あまりにも回るので、チューブラータイヤのセンター出しができていないため、途中でフレが発生してスタンドで立っている自転車が小刻みに揺れ出します。

今度タイヤ交換するから次はしっかりとセンター出ししよ・・ (ー"ー;)

それにしても、グリス一つでこんなにも違いが出るものなんですね。
買ってよかった〜(TT)
トラックバックURL : https://stbblog.exblog.jp/tb/13816279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by stb-blog | 2010-02-25 14:58 | 自転車 | Trackback | Comments(0)

ロードバイク・写真・釣りの日記です。


by ノン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31